ホーム

証券研究学生連盟とは

 全日本証券研究学生連盟は、証券に関する問題を理論的・実証的に研究すると共に、 加盟各大学諸団体相互の交歓により証券研究の発展推進に寄与する事を以ってその目的とします。
本連盟は昭和26年(1951)年に中央大学、日本大学、早稲田大学、慶應義塾大学の4大学により、結成され、以来半世紀にわたる研究活動を経て、現在では日本証券業協会の後援の下、活動しています